ジスロマックを通販してクラミジアを治す・知りたいことがよく分かるガイド

ジスロマックの通販

ジスロマック(アジスロマイシン)の概要

錠剤を見せる医師

ジスロマックはクラミジア治療に最も有効な薬

性感染症の一種、クラミジア感染症は、クラミジアという非細菌性微生物が原因となって発症します。

主な症状は、性器の痛みや発熱、尿道から出る膿、おりものの増加です。放置すると尿道炎や子宮頚管炎などになってしまう恐れもあります。

性器クラミジアは、ペニシリン系抗生物質では治療できません。性器クラミジアに有効な薬は、マクロライド系抗生物質の「ジスロマック」です。

細胞のタンパク質の合成を阻害し、病原菌の増殖を抑えます。数日間続けて服用をすると、症状が大幅に改善されます。ジスロマックは、クラミジアの他にもマイコプラズマやブドウ球菌など、様々な病原菌に有効です。

ジスロマックは、一般名がアジスロマイシンと呼ばれ、ファイザー製薬株式会社から販売されています。

一般社団法人 日本性感染症学会が発行する、「性感染症 診断・治療ガイドライン 2016 (改訂版)(※)」では、性器クラミジアの治療薬として、推奨レベルAの「強く推奨する」に指定されるほど、信頼度の高い薬です。

性器クラミジアは、対処が遅くなってしまうとパートナーや周りの人に感染を広げてしまう可能性があります。できるだけ初期段階で、ジスロマックによる治療を開始するのが望ましいです。

ジスロマックは菌の増殖を防ぐよう作用する

ジスロマックはマクロライド系抗生物質に分類される、菌の発育を抑制する薬です。一般名はアジスロマイシンで、様々な感染症に対応することができます。

抗生物質は病原菌を殺菌する薬ですが、殺菌できる病原菌は薬によって異なります。菌を直接的に殺菌するものもあれば、菌の増殖を抑えるものあります。

ジスロマックは後者にあたる抗生物質で、マクロライド系抗生物質であるアジスロマイシンを主成分とするタンパク質合成阻害薬です。たんぱく質を生合成する「リボソーム」のサブユニットと結合することで、病原菌が増殖するのを防ぎます。

性器クラミジアなどの病気になっている場合、急激に免疫機能が低下している場合が多いことがあげられます。他の感染症なども発症しやすい状態にあるので注意が必要です。

ジスロマックは、人間の細胞に対して働きかけずに、細菌の細胞壁に対してのみ毒性を示す作用があるので、効率良く治療することができます。

できるだけ早い段階においてジスロマックを使用すれば、症状を早期改善することができるでしょう。

ジスロマックはクラミジアの増殖を抑える!他の性病やウイルス性の病気には効かない

ジスロマックはファイザーが製造販売している、マクロライド系の抗生物質です。いろいろな種類があり、錠剤やドライシロップ、点滴や細粒小児用などがあります。

錠剤は用量の多い600mgや、子供向けに作られた製品もあります。ドライシロップには味がついており、小さな子どもや、錠剤や顆粒タイプの薬が苦手な人でも飲めるように作られています。また、治療する病気によっては、点滴として使用されることもあります。

ジスロマックは、薬の形によっては、治療できる病気に違いがあります。

ジスロマックは作用が強く、いずれの剤形でも1回服用すると効果が1週間維持することができるので便利です。

体内での代謝が遅く、組織内の半減期が70時間あり、1回の服用で効果が1週間継続します。ジスロマックは一回服用するだけで治療が終わるので、飲み忘れという観点から安心、安心です。

ジスロマックにはいろいろな種類がありますが、作用はどれも同じです。細菌のタンパク質合成を防ぎ、増殖できなくします。高い抗菌作用があり、性器クラミジアの第一選択薬としてよく利用されています。

ジスロマックを通販で買う方法・通販のメリットとデメリットも解説

青空とショッピングカート

クラミジア治療薬「ジスロマック」は通販=個人輸入で入手可能

クラミジア治療薬「ジスロマック」は通販で入手可能です。とはいっても、Amazonや楽天など、普通の通販サイトでは取り扱いがありません。

そもそも、医療用医薬品を通販で販売することは、薬事法によって禁止されています。

一般用医薬品なら通販でも販売が可能ですが、ジスロマックは医療用医薬品なので医師の処方箋が必要です。

そのため、普通の通販サイトではなく、個人輸入を代行している通販サイトを利用する必要があります。

個人輸入代行サイトは、薬を販売するのではなく、薬を海外から輸入する手続きを代わりに行ってくれます。そのため、薬事法に触れることもありません。

個人輸入でジスロマックを通販するメリットは、処方箋が必要ないということです。処方量がかからないだけでなく、病院に行く時間や交通費を節約できます。

また、個人輸入を代行している通販サイトでは、まとめ買いをすることで価格が割引されます。さらに、多くのサイトでは、1度に一定の金額まで注文することで、送料が無料になります。個人輸入でジスロマックを通販すれば、病院で処方を受けるよりも、費用を抑えることが可能です。

入手した薬を転売したり譲渡したりすると、薬事法に違反するので注意です。

通販サイトの中には、違法もしくは悪質な会社もあります。いくつかのサイトを比較して、優良なサイトを利用するようにしてください。

個人輸入代行のメリット・デメリットは、チャンピックス通販を参考にしました。

通販ならジスロマックを病院より安く買える!

クリニックでジスロマックを処方してもらうには、診察と検査が必要です。

このため、薬の代金だけではなく、診察料や検査料もかかります。日本の制度では全て必要な費用として請求されるので省きようがありません。

しかし、個人輸入代行をしている通販サイトで購入すれば、診察や検査は不要です。通院する時間と手間もないですし、人に見られる心配もないのがメリットです。

また、通販サイトでは、まとめ買いすると割引されるサービスを行っていることが多いです。薬が必要だとなったときにすぐに服用できるように、前もって用意しておく意味でもまとめ買いしておくのがおすすめです。

病院でかかる料金から診察費などが省けるうえに、薬自体の値段も処方されるものより安価です。

個人輸入代行サイトをうまく活用して、負担もなくしっかりした対策を立てておけば安心できます。

ジスロマックの通販は偽造薬や悪質サイトに注意!安全性は病院より下がる

病院よりもかなりお得にジスロマックを購入できる通販サイトですが、注意するべき点もあります。

全てのサイトが健全で信頼できるとは限りませんので、慎重に判断する必要があります。

通販サイトの中には悪質なサイトが存在します。そのようなサイトを利用すると、違う商品が送られてきたり、商品が送られてこなかったりする可能性があります。

また、通販サイトで流通しているジスロマックの中には、偽物の薬が紛れている可能性があります。偽物の薬を使ってしまうと、病気の治療ができないばかりか、思い健康被害や、最悪の場合は死亡事故につながる恐れがあるのです。

病院で処方された薬が原因で健康被害が起こった場合、「医薬品副作用被害救済制度」に基づき、治療費が給付されます。しかし、通販で購入した薬が原因でトラブルが起こっても、この制度は適用されません。

トラブルに合わないためにも、実績があって信頼がおける通販サイトから購入することが必須です。安すぎるサイトや、運営会社の情報が明記されていないサイトは避けたほうがよいでしょう。

また、ジスロマックは、用法・用量を守らないと、耐性菌が生まれる恐れがあるので、注意が必要です。耐性菌には、ジスロマックが効きません。耐性菌の感染が広がると、ジスロマックが治療に使えなくなり、社会問題に発展する恐れがあります。通販でジスロマックを購入したら、使用上の注意をよく確認して使いましょう。

ジスロマックを入手するための費用・処方と通販の相場を比較

お金と薬剤

通販のジスロマックは1錠あたり450円前後!まとめ買いやポイント還元でお得に!

ジスロマックは、個人輸入を代行している通販サイトで購入することができます。購入できるサイトは、「オオサカ堂」「あんしん通販マート」「アイドラッグストアー」などです。

通販の魅力は価格の安さで、病院で処方を受ける場合と比べて、数分の一程度の費用で手に入れられます。

多くの通販サイトでは、まとめ買い割引を行っています。たとえばオオサカ堂の場合、同時に複数購入すると「US$2ずつ割引」されます。ジスロマック以外の商品と組み合わせて注文することも可能です。

また、ポイント還元制度を利用すれば、さらにお得になります。

オオサカ堂は、会員ランク制度を設けているのが特長です。

オオサカ堂では、商品を購入すると、サイトで使えるポイントが付与されます。貰えるポイントは会員ランクにより異なります。会員ランクは、6ヶ月以内に一定の金額分まで注文することで昇格します。オオサカ堂で買い物をすればするほど、もらえるポイントが増えていくのです。

たとえば、6ヶ月以内に合計5万円以上注文した場合、プラチナ会員に昇格したりキープできたりできます。一般会員とプラチナ会員を比べると、貰えるポイントが約50倍異なることもあります。

病院で処方してもらう値段はジスロマック+検査料や調剤料で5000円前後

「ジスロマック」を病院で処方してもらうことになった場合、事前に検査や診察を受けた結果を踏まえて処方されるのが一般的です。

その際にかかる費用は、保険適用の場合でおよそ「3000円前後」となります。
検査の結果、治療が必要であると判断された場合、ジスロマックが処方されます。1錠にあたりの価格は「229.6円」です。性器クラミジアの治療では4錠処方されます。また、薬代だけでなく、薬局での調剤料などかかります。薬を処方してもらうにのにかかる費用は「2000円前後」です。

このように病院で診察と検査を受け、薬局で薬を処方してもらう場合、「5000円前後」かかることになります。

また、診察にあたって、喉やほかの性感染症も同時に検査をする場合は費用は約2倍かかることになります。自由診療を選択した場合、費用が高い分だけ保険適用では受けられない検査や治療も可能です。

同時に複数の検査を受けると費用が安くなるので、気になる症状がある人はまとめて検査を受けてみることをおすすめします。

なお、保健所であれば検査自体は無料で受けることができますが、治療はしてもらえません。その点には注意しましょう。

ジスロマックは安さ重視なら個人輸入で購入!安全性重視なら病院で処方がおすすめ

病院で「ジスロマック」を処方してもらう場合には、診察料や検査料を含め「5000円前後」という少なくない出費がかかります。

人によっては生活の大きな負担になるかもしれません。

個人輸入を代行している通販サイトを利用すれば、病院で処方を受けるよりも安く、ジスロマックを入手することができます。

通販サイトでは、まとめ買い割引やポイント還元など、様々なサービスがあります。

ただし、病院で処方を受けるよりも安全性は下がるというデメリットがあります。尿道から出る膿やおりものの増加など、性器クラミジアの症状は、他の性感染症でも起こります。そのため、クラミジアに感染しているのか、自分で判断することは困難です。

自己判断でジスロマックを飲み、クラミジアではなく別の性感染症だった場合、病気を治療することはできません。それどころか、思わぬ副作用が現れたり、薬が効かない耐性菌が生まれたりする恐れがあるのです。

日本では、処方された薬で副作用を起こした場合、医療費が給付される「医薬品副作用被害救済制度」が存在します。一方、個人輸入で購入した薬を服用して副作用が起こった場合、この制度が適用されないので注意が必要です。

安全性を重視するなら病院、費用を抑えたい場合は通販を利用しましょう。